明日10月6日発売!スマートスピーカー「Google Home」「Google Home Mini」が日本に

「Google Home」「Google Home Mini」発売です。

これはすごいです。

いつか我が子に使わせたいです。

本体スペック、パートナーリスト一覧

Google HomeおよびGoogle Home Miniのスペック、パートナーリストは以下の通り。
Google Home

サイズ : 直径 96.4mm、高さ 142.8mm
電源ケーブル : 1.8m
重量 : デバイス 477g / 電源アダプター 130g
色 : 本体 ホワイト / ベース スレートファブリック
対応オーディオ形式 : HE-AAC、LC-AAC+、MP3、Vorbis、WAV(LPCM)、FLAC
マイク : 高感度音声認識対応
電源 : 16.5V、2Aが必要(アダプター同梱)
ポートおよびコネクタ : DC電源ジャック、マイクロUSBポート(保守用)
対応オペレーティング・システム : Android 4.2以降 / iOS 9.1以降
同梱品 : Google Home、電源アダプター、クイックスタートガイド

Google Home Mini

サイズ : 直径 98mm、高さ 42mm
電源ケーブル : 1.5m
重量 : デバイス 173g / 電源アダプター 75g
色 : チョーク、チャコール、コーラル
対応オーディオ形式 : HE-AAC、LC-AAC+、MP3、Vorbis、WAV(LPCM)、FLAC
マイク : 高感度音声認識対応
電源 : 5V、1.8A
ポートおよびコネクタ : マイクロUSBポート(電源用)
対応オペレーティング・システム : Android 4.2以降 / iOS 9.1以降
同梱品 : Google Home Mini、電源アダプター、クイックスタートガイド

すでに米国TechCrunchでも報じられているようにGoogleは米国時間10月4日、ハードウェアに関するイベントを開催。スマートスピーカー「Google Home」の小型版でAmazonのスマートスピーカー「Amazon Echo Dot」対抗製品とも言われる「Google Home Mini」などを発表している。

すでに日本でも発売準備中のようで、Googleの運営する「Google Store」上では、Google Home、Google Home Miniについて、発売案内のウェイティングリストへの登録が可能になっていたが、日本時間の10月5日、日本法人であるグーグル合同会社が新製品発表会を開催。日本での販売について、その詳細を明らかにした。

発表によると、Googleは10月6日より、Google HomeおよびGoogle Home Miniを日本で販売する。Google Homeは価格が1万4000円(税抜)、発売開始は10月6日10時から。Google Home Miniは価格が6000円、発売開始は23日から(購入予約は10月6日から)いずれもGoogle Storeのほか、auショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天の店舗やサイトで販売する。TSUTAYAでのレンタルも開始するという。

TechCrunchでは米国で先行して提供されている実機についても紹介しているが、改めてご紹介するとGoogle Homeは会話型AIの「Googleアシスタント」を搭載。「OK Google」と話し、自然に会話するようにさまざまな情報を検索したり、サービスの操作が可能だ。例えば朝のニュース、職場への交通情報、許可したGoogleカレンダーのスケジュール確認、音楽再生などができる。Googleが提供するサービスだけではなく、連携する外部サービスや対応するテレビ、ライトといったスマート家電などのデバイスについても音声で操作することも可能だ。

すでにコンテンツとしてはSpotifyやNetflix、ラジコ(提供予定)、NHKラジオニュース、ラジオNIKKEIなど、スマートホームではau Home、大和ハウス、フィリップスHueなどと連携することが発表されている。そのほか、「Actoions on Google」と呼ぶ外部サービス連携機能を予定しており、Ameba、食べログ、楽天レシピなどのサービスが対応予定だという。またVoice Match機能を搭載し、最大で6人までの音声を認識。パーソナライズしてそれぞれの予定を確認する、といったことも可能だ。


TOP