Pleabo

2017-06-27 18:00

成長記録

このブログは、将来、我が子が大きくなって色々理解できるようになった時に、いろいろ話せるように書き始めました。メインとしては特別養子縁組のことを記したいと思っていましたが、どんどん成長する我が子を見て、いつまでも特別養子縁組の子供として見るだけではいけないと感じ始めました。

記憶が薄れる前に

機会があれば研修中のことや、研修前の面接などのことも記録しようと思います。記憶が薄れる前に色々と書き残したいと思うようになりました。特別養子縁組でご縁があったと言っても、実子となり他の子供たちと同じように歩んでいってほしいと考えていますので、事実と向き合いながらも前向きで明るいことを考えたいものです。特別養子縁組とは関係ない、ただただ可愛い我が子の成長も書いていきます。

これから

今後、どんな困難が待ち構えているかわからない我が子のことですが、間違いなく前進していることを自分自身の記録としていきたいです。 このブログは、リアルタイムではありません。少しスムーズに生活できるようになってきたので、振り返りつつ書いていきます。

🔖117

2017-06-28 20:00

表情が変わる

我が家で過ごすようになったじー子は、表情が変わりました。あたり前かもしれませんが、表情が変わり、毎日が楽しみで仕方ありません。

笑顔

笑顔が全く違います。乳児院では、多くのスタッフが交代で世話をしていて、色々な呼び名で呼ばれていましたが、我が家では、名前も敬称なしの一本です。そして、一日中ほとんど一人で世話をするので、一対一の状態です。数ヶ月もの間、誰かを独り占めできることがなかったからか、どこか詰まらなさそうな表情だった人が、随分変わりました。

表情

乳児院でも、若干、表情が乏しいと感じていましたが、一緒に過ごすようになってから随分変わり、乳児院にいた他の子供よりも豊かな表情になりました。ぼやっとした表情にメリハリが出てきたように感じます。私たちの関係の築き方がよかっただけでなく、家庭で生活するということはこのようなことなのだと感じました。

🔖119

2017-06-29 10:58

ショッピングモールでの出来事

じー子と過ごすときには暑さ寒さを回避するためにも、外出にも気を付けています。人ごみを避けつつ、公園などにも行き、それとショッピングモールなどをセットにして、長時間同じところに滞在しないようにしてます。

子供との過ごし方

じー子は徐々にですが、人に興味を持って、笑顔になれば相手も関わりを持ってくれると感じているようです。そのため、ショッピングモールなどで声を掛けられるのが好きで、アピールするようになりました。他人とは目が合わないような状態でしたが、それも改善されているようで、とにかく誰かに集中的に面倒を見られたいようです。 ショッピングモールでは、主に大人が買い物を楽しむところだと思っていましたが、我が子の存在により、子供も楽しめる空間であると気付きました。おもちゃなど一切ないキッズスペースのようなところでも、子供たちは楽しそうに過ごしています。

不思議な出来事

夫と我が子は、風船欲しさに乳幼児向けの教材の勧誘にも快く対応しています。とにかく我が子のために楽しいことを提供したくて、他人とも普通にかかわっています。そんな時でした。私がベビー服を購入した後、化粧室に向かうと見知らぬ人から、「ここですよ!お母さん!」と。夫もきょろきょろしています。そうです、そこにいる子供の母親が私だと一瞬で分かったのです。私はまだ化粧室に行くために歩いていたので、全く探していません。夫も話を聞いているので、全く探していません。その人は、私とじー子がそっくりだから、母親と思って声を掛けてしまったそうです。私とじー子はそこまで似ているわけではないと思っていたので、驚きました。不思議なご縁です。 里親の先輩方とも時々話すのですが、ほとんどの里親が顔立ちや雰囲気が似ている子供とご縁をいただくようです。審査に顔は入っていませんし、新生児委託の場合は顔などわかりませんのたまたまですが、そんな不思議なこともあるのだと実感しました。もちろん、委託後は毎日一緒に笑って食べているので、表情や顎の周辺などが似てきているのだと思いますが、不思議です。

🔖121

2017-06-29 20:52

夫ともめたこと

我が子、まだ小さいのに、書いても書いても書きつくせないほど、夫とはもめています。

もめる

出来るだけ目の前ではもめないようにしていますが、人間が集まれば話し合いが必要になるということは知ってほしいので、少しは聞かせてもいいと考え始めました。そんな様子を見ると、我が子はまだ小さくてもなんとなく理解できているようで、それなりの態度で見守っています。会話が増えたのは間違いありません。睡眠時間を削ってまで、もめます。もめたと言っても、冷静に意見交換できているのですが、何をするにも微妙な違いを追求し合っています。ほとんどそれが解決につながっていますが、自分の中で消化しきれないこともあります。

もやもや

基本的には私は毎日子供との時間を過ごして、食事などの家事全般を行います。ごみ捨て以外はほぼやっています。すなわち、夫はごみ捨て担当です。もちろん、夫は、毎日、職場に通います。それでもある程度は子育てにも参加し、食事の前に食卓を拭いたり、ちょっとした手伝いをしてくれます。満足していますが、時にはつらくなることもあります。そんな時に、一言、「料理しないから気持ちはわからないよ。」その通りですが、言い回しが…。何か作業中だった夫に話しかけた私も行けないのですが…。作業中ということは、家のメンテナンスなどをしてくれているということで、私がそのことを評価して、先にお礼をしてから話すべきだったのか…。

今までとこれから

急に現れた子供の存在のおかげでよく会話するようになった気もしますが、喋りたくないと思ってしまうこともあります。夫が在宅中にずっと子供の面倒を見てほしいわけではないのですが、料理をしてほしいわけではないのですが、どうも伝わらないのです。 今後、我が子の成長とともにもっといろいろな問題が起こりうると思いますが、小さなもめごとは小さな口論のみで終わるよう心掛けたいです。大きなけんかにならないように、子供の前で喋っても問題ない範囲におさめられるようにしたいものです。

🔖122

2017-06-30 10:49

声が出る

不思議なことに我が家に来てから、じー子はよく声を出します。

指差し

欲求がある時に、指をさしながら声を出せることも増えてきました。指差し自体ほとんどなかったのですが、その変化にも気づき嬉しい気持ちになりました。笑う時にも声が出ます。これはすごいと思いました。どんなにあやしても、声が出るほど笑わず、いい顔をしていても声が出ていないの部分に違和感を感じていたので、普通に笑ってくれるだけでもとても嬉しいです。くすぐってもほとんど笑わない人が、声を出すので、面白いことをするのに夢中です。

不安から期待に

正直なところ、他の子供さんを見ると、我が子のように黙って過ごしていません。少し声が出ますが、反射のようなもので、ほとんど欲求が伝わってきません。面倒を見すぎなのか、時々しか泣きませんし、何かを求めることも少ないです。育てやすい子供という意味では楽をさせてもらっていますが、検索すると少し不安です。 この不安は子供は我が子を思う気持ちの表れだとは思いますが、自分でもよくわかりません。これが期待につながればいいのですが、不安ばかり抱えていると少し心も疲れます。

🔖124

2017-06-30 13:48

祖母と孫

委託後、私の母親が時々来てくれます。口出しはしないのですが、「今時の育児は自分の時と違う。」と言います。どこまで世話を頼んでいいのかわかりません。もちろん、特別養子縁組を意識せずに自分の孫として扱ってくれます。そして、とにかく遊んでくれるので、その間に家事を済ませられるように頑張ります。 孫を可愛がる祖母というのは皆同じでしょうか。親の立場と少し違います。私の子供のころ母はここまで甘くしてくれませんでした。でも、じー子には優しく、とにかく可愛がります。ただ、やめてほしいこともたくさんあります。物を与えたがります。意外な褒め方をします。それを注意しづらいのがつらいです。ありがたいのですが、戸惑います。角が立たないように頼む方法を考えたいものです。 0歳の我が子は、祖母が大好きなようで、来訪を喜びます。もやもやしないように解決したいです。

🔖125

2017-07-01 11:45

身体能力

我が子の成長の中で、唯一、心配しなくてもよさそうなのは、身体能力です。運動能力が高いというほどではありませんが、手足の力がしっかりあるというお墨付きをいただいています。声はほとんど出ず、笑顔も少なく、目を合わせても無表情だったので、身体能力だけでも褒めていただけていたことはとても安心感がありました。万が一、この先も喋れずにいても、コミュニケーションすら取れなくても、一つだけでいいので誇れる何かを持っていてほしいと思っていました。子供のことを考えると、どうしても心配が先行してしまいますが、ボールをつかもうとする姿などを見るだけで励みになります。

🔖127

2017-07-02 05:55

おむつ

0歳児、恐るべし、届かないはずのところにあったおむつが全部床に散乱していました。少し身長が伸びているような気はしましたが、昨日、届かなかったところのものを取るようになるとは誤算でした。しかも、届かないことを目視していたのに。いや、最近、よく手を伸ばしているのは、いつか取ろうと待っていたのかもしれません。 ほんの数十秒だったので、おむつを開かれずに済み、不幸中の幸いでした。もう重いものは確実に届かないところに置いてありますが、身長が伸びてしまえば危険が伴うので、様々な物の保管場所を時々確認しようと思います。

🔖129

2017-07-02 11:54

休日

休日は夫がじー子担当です。私は平日にできなかった家事を片付けます。片付けるのです。もっと前向きに考えればいいのかもしれませんが、平日の方が自分のペースで活動できるので楽です。もちろん、平日には週末を待ちわびています。虫のいい話です。 夫は子供面倒をよく見てくれます。歯磨きもおむつ交換もとにかくよくやってくれます。まだタイミングがつかめなかったり、忘れることも多いのですが、こちらがフォローをすれば一生懸命取り組みます。すなわち、常にフォローが必要で、なかなか覚えない。それでもありがたいです。気分次第で苛立ってしまいますが、今後のことを考えてしばらくこらえます。さすがに時が経てば覚えるでしょう。 週末が二連休になると出掛けることもできるので、その日を楽しみに待ちます。

🔖130

2017-07-02 18:00

指の使い方

我が子は、指を色々なところに入れます。多くの乳幼児がそうであるように、抱っこをすると、鼻に指を入れられます。他人事だとかわいらしい行為ですが、毎回同じことを繰り返されると参ってしまいます。最初はほほえましいと思っていましたが、楽しそうにするのではなく、ひたすら無表情で鼻に指です。拒めば拒むほどやります。 他のことでも、やめてほしいことほどやめてくれません。 指先が器用かと言えば、違います。

🔖131

2017-07-03 05:54

成長の遅れに対する児童相談所の見解

我が子は委託前後にたくさんの変化を見せてくれました。ハイハイあまりせず、驚くほど早くつかまり立ちをしました。座ることすらままならず、ハイハイも満足にできない子供がつかまり立ちをして、つたい歩きをするとは思っていなかったので、驚きです。

体の発達と発語

教科書通りにいかないことはわかっていましたが、ここまでずれていると心配でした。そして声も出ず、ハイハイもしないような状態で焦っていました。もちろん、児童相談所も乳児院も、色々な子供さんを見てきているので、焦らなくてもいいと仰るのですが、親という種類の人は、我が子のこととなると、髪一本でも気にしてしまうのだと思いました。

児童相談所の見解

児童相談所の方の中には、「人それぞれ」「女の子だから」といった言葉で片付けたり、楽観的というか、いい加減というか、どうしようもない慰めのようなことのみという方もいらっしゃいました。そして、人それぞれ違うことをおっしゃるので、混乱しました。聞かれて話す私が悪いのですが、混乱です。

🔖132

2017-07-03 15:55

出勤前の儀式

出勤前、頻繁に見かける光景です。大人になった我が子に必ず話したいことです。

パフォーマンス

夫が出勤するときに悲しそうな顔をしたり、時には泣いてしまうこともあります。なついているのですから、いいことだと思っていますが、少し面倒です。なぜなら、夫には言えませんが、見えなくなるとすぐに楽しそうな声を出して笑っているからです。不思議と二人で過ごすときの方が爆笑しています。出勤時のしょうもないパフォーマンスは夫のためなのでしょうか。ちなみに、忘れ物を取りに帰ってくると、焦って泣きそうな顔をつくります。

爆笑

我が子、よく爆笑するようになりました。苦しそうになるほど笑ったこともあります。夫と過ごすときにもどうかその顔をしてください。どことなく表情も私に似てきた我が子は、笑い方も真似しているようです。

🔖133

2017-07-03 21:49

詰め込んだ

手づかみ食べをさせてみると、詰め込みます。一瞬焦りますが、驚かせては詰まらせると思い、冷静に手をとめて、口の中から書き出しました。

観察

0歳の我が子、手が汚れることを気にしているのか、つかむことすら好みません。つかませるとまずは置くか口に詰め込みます。 赤ちゃんせんべいならつかむのに、なぜかつかみません。見た目でベタベタがわかるのでしょうか。そして、調子よくつかんでも何度も口に運び、たまるまでとにかく詰めています。

トラウマ

食に関するトラウマでもあるのかもしれません。他にも様々なトラウマを持っています。きっと乳児院で何かあったのでしょう。 考えてもわかりませんし、時間を戻すことはできないので、いつ関わると信じて、待つことにしました。

🔖134

2017-07-04 10:46

ベビーカー拒否

始まりました。いろいろな変化が出てくる中で、困るのが選り好みです。

軽く拒否

ベビーカーを少し嫌っているような気がします。自宅の周辺だと喜ぶのですが、外出すると専ら抱っこをせがみます。ベビーカーを出す面倒な作業がないので。交代で抱っこをすればいいのですが、一対一で出掛けようと思うと億劫です。抱っこ紐を持参するほどではないところは特に億劫です。 いつかは来ると思っていても、0歳でそこに来るとは、正直、驚きました。教科書通りになることはないとはわかっています。

ベビーカーのせいか成長のせいか

最初は、ベビーカーの性能などを疑いました。乗り心地の悪さが影響しているのではないかとも考えたのです。そもそも、こだわりを持って選択しましたが、最高級品というわけでもありません。まだ完全に拒否していると決まったわけではなくても、なんとなくわかります。これから拒みそうな雰囲気です。 成長ですね。喜ぶべき点でもあり、面倒なことが増えます。それが子育てです。そう考えたいです。

🔖136

2017-07-04 21:05

脱抱っこ紐計画

脱出に励む姿が可愛いと思えたのは、ほんの数分です。何度も起こってからではなく、うんざりです。

抱っこ紐

なんとなく抱っこ紐からも脱出しようとしていることが増えてきました。おんぶもできるタイプであるため、そろそろおんぶにするか迷います。おんぶの方が子供に与える影響がいいと聞いたことがあるので、おんぶを頻繁にしたいとも考えています。 知人がおんぶ紐のおさがりを譲ってくれるという話もあるので、思い切っておんぶ専用にしようかとも考えてしまいます。

影響

たったこれだけのことでも、親というのは我が子への影響などを考えるのです。これだけのことを深く考えて、検索して、頭が疲れる感じがします。それでも悩んで考えることをやめないのが親なのでしょうか。考えても決まらないこともあるのに、たかが抱っこ紐、されど抱っこ紐です。 これも成長です。すぐに全力で拒む日が来ると思います。

🔖138

2017-07-05 10:57

ファーストカット

我が子、髪が伸びまして、思い切ってファーストカットしました。もっと長くしたいのですが、どうも気になるようで、早々と、切りました。

試行錯誤

既に目に入る長さでしたが、様々な工夫をして、それが無理になったため、切ることに決めました。ある方の子育てブログで拝見した方法の、プロペトで分けるという方法も結構よかったのですが、それを触っしまうので、やめました。髪の量や長さは、筆にできるほどにはならず、専用の保管できる入れ物を購入しましたので、そちらに入れて飾れるようにしました。ただ、いざ入れてみると、飾る雰囲気ではないので、飾らず、箱にしまいました。

撮影

ファーストカットの際には動画を撮影しました。動いてしまうので、物でつってカットしました。柔らかくてきれいな髪です。本人は切られている自覚はなかったようです。

🔖140

2017-07-05 17:57

バギー

まだ0歳です。ベビーカーはいつまで使用するのでしょうか。少し拒否が始まっていても、必要と感じることもあります。

ベビーカー

我が家のベビーカーは、最高級品ではありませんが、それなりに人気のあるそれなりに機能性に長けていて、何よりも乗り心地や軽さにもこだわりを持って選択したもです。悩んで決めたのですが、車にも積めるのですが、子連れの外出は思いのほか荷物が多くてかさばるベビーカーにうんざりしてしまいます。もちろん使い勝手の良さには満足していますが、車に積めるものをもう一台新調した方がいいのでしょうか。お世辞にも広いとは言えない、簡単に言えばとにかく狭い玄関に二台はきついので、いい案を考えないといけないです。バギーを購入するかまだ委託されて数ヶ月で新調とは…。一般的に何歳まで乗るかは個々で違いますし、我が子が歩きたがるか否かもまだわからないため、悩みます。

拒否

新調したいと思う反面、少し拒否が始まっているので、自由にのびのびさせて、疲れたら抱っこでもいいような気がします。しかし、重いので抱っことなるのも辛いかもしれません。 こんな時はもちろん検索です。子育てブログを読みあさります。しかし、各家庭や住宅、様々な環境によって異なるようで、やはり決断できず、現状維持です。夫にも相談したいのですが、帰りが遅いので、その頃にはこの話題を忘れてしまいます。私の中でそこまで重要なことではないのかもしれません。

🔖141

2017-07-06 11:52

おんぶ

おんぶしてみました。抵抗しました。おんぶの姿勢に持っていくだけで、何とも言えないうなり声を出して、体を動かします。

作戦

ここまで来たらどうにかおんぶを続けたいです。嫌がっているのか、驚いているだけなのか、よくわかりません。今回限りかもしれませんが、一先ず、歌って、体を揺らして、歩き続けて、鏡で様子を確認しました。寝ました。あれだけ抵抗して、なぜでしょう。おろしました。起きてぐずりかけて、すぐに寝ました。この人、おんぶで寝たい人だったのでしょうか。

今後

今後は様子を見て、家事の時におんぶしてみることにしました。寝かし付けをおんぶのみにすると、それはそれで大変そうなので、様子見です。 気持ちよさそうに寝ている姿を見ると、時々、おんぶに助けてもらえそうです。

🔖143

2017-07-06 15:57

鼻吸い

乳児院にいた頃、ずっと鼻水まみれだった我が子ですが、委託されてからは、鼻吸いをすることと、垂れたら拭くということを繰り返していたら、それが普通で、あまり嫌がりません。むしろ、乳児院にいたときに、全く拭けないほど嫌がっていたということが信用できないほど、最初からさほど嫌がりません。

鼻吸い器

いつの間にか鼻吸いに慣れていました。なぜか夫がやると拒みますが、私が見せると、自分で鼻に入れます。やり直しは面倒ですが、協力的な態度がとても有難いです。強いて言えば夫の時こそしっかりやってほしいですが、そんなリクエストなど聞いてくれるはずもないのであきらめています。夫も頻繁にやってくれるのですが、どうやら飽きているうえ、抵抗されるのが嫌なようで、少し遠ざけているように見えます。追求せずに見守ります。 乳児院ではとても立派な鼻吸い器で、簡単に吸われていましたが、滅多にやってもらえないようで、鼻の下はいつも塊が付着していました。我が子だけを見ているわけではないので難しいのはわかりますが、鼻の下の汚れが取れないのは気の毒でした。

声かけ

乳児院では、子供が嫌がるようなことをするときに、「やだねー、頑張ろうね。汚いね。」などと声を掛けられていました。違和感があったので、我が家では否定的な発言を控えようと決意しました。 我が家では、「きれいにしましょう。すっきりするよ。終わったよ、お疲れ様。気持ちいいね。」などと言うようにしてみました。実際にその声掛けが効果的だったのかはわかりませんが、いろいろと協力的です。

🔖144

2017-07-06 20:21

ミルクを吐いた

初めてのことでした。早めに夫が仕事から帰宅し、寝顔を見に行ったら、そのタイミングでせき込んで吐いたようです。心配です。ミルクへの興味が薄れていたので、食事やおやつを増やしていたのが原因だと思いますが、興味がなくてもミルクを平らげるので、食事かミルクの調整が必要だと感じました。飲食が好きなようなので、こちらで制御しないと、底なしのようです。そして、吐くようです。

ミルク

なくてもいいようです。検索しました。それでも飲ませる習慣だったので、さっとやめればいいのか否か、迷います。飲んでいる様子を見ると、飲んで入眠がいいわけでもなさそうです。

離乳食

ただ増やせばいいわけではなさそうですし、積極的に食べます。それ以上ほしがることはほとんどありません。空腹で不機嫌になって食べさせるということもまだないです。程よく与えていると考えてもいいのでしょうか。それでも、寝てから吐くのは危険だと思います。 乳児院にいたころには数分の感覚で呼吸の確認をしていたと聞いていたので、相変わらず行っています。すぐに助けられるような気もしますし、そこまで食べさせることでリスクを高めるのもつらいです。育児、大変ですね。

🔖145

2017-07-07 11:00

カメラ

我が家はいつでも写真を撮れるように、居間として使っているスペースにカメラを置いています。

瞬間

記念になりそうなことや、初めてのことなどに対応できるように、常にカメラが近くにあります。いつもいい瞬間を撮れるようにねらっています。子供がいると、写真を撮る機会が多く、ずっと撮り続けたいほどです。

ショック

壊れました。完全に壊れたわけではないので、一先ず急いで新調しようと考えるのですが、0歳の我が子の成長は待ってくれません。とても焦りました。私の携帯電話では不十分であり、ビデオカメラの静止画の機能を使うのも面倒で、とても焦りました。

🔖147

2017-07-07 16:55

100円ショップ

引越しをしたことにより、近所に100円ショップがあり、とても便利です。品揃えも充実しているのですね。芸能人の子育てブログを見ながら、決めたりもします。

100円

ベビー用の便利グッズがたくさんあることに気付き、時々足を運ぶようになりました。たった100円で便利なものがたくさんあります。 使い捨てのものなど、価格を見て迷うことも多いですが、どれも100円だと思うと、試しやすいです。

検索

それでも調べてから購入することが多いです。決してゆとりがあるわけでもなく、じー子が就職するまでの間、できるだけ蓄えたいので、たった100円でも調べるのです。

夫は即決することが多いです。100円ですから。 自分の物は吟味して購入しますが、我が子のためなら即決です。似たようなものを連続で購入するので、それは辞めていただきたいです。タンバリンとマラカス。何を目指すのでしょう。夫の成長記録をつけた方がいいかもしれません。

🔖148

2017-07-08 13:00

指しゃぶり

我が子、指しゃぶりをしません。よだれは出ます。

家庭訪問

家庭訪問で、おしゃぶりを使っているかということを聞かれました。その時に気付いたのですが、我が子、指しゃぶりもしませんし、何かを口に入れることはほとんどありません。 考えてみると不思議なのですが、決して珍しいことではないと思って、スルーしていました。

口に入れる

口に入れたいという願望はあるようで、ある時、落ちていた髪を拾って、両端をつまんで、なめました。口にくわえるようにして、ロープウェイが動くように顔をスライドさせていました。 「髪を口に入れないで。」と回収しました。未練もなさそうだったのでその時は何も思いませんでしたが、味を確かめたいと考えることはあるようです。

乳児院

我が子、おしゃぶりがあると、それはそれでよかったかもしれません。 乳児院ではおしゃぶり自体がありませんでした。他の子たちも使っていなかったので、全く用意されていなかったのだと思います。その代り、泣くとミルクがもらえるシステムだったのです。 飲食物以外のものを口に入れるという発想すら、我が子にはなかったのかもしれません。

🔖150

2017-07-08 18:54

赤ちゃんせんべい

じー子は、乳児院で赤ちゃんせんべいをおやつとして与えられていました。それ自体はいいのですが、意外なところで意外な癖が出てきました。

おやつ

私が研修でお世話になった施設では、おやつにはヨーグルトや手作りのものなどを着席して食べるスタイルでしたが、我が子の乳児院は違いました。床に座って壁にもたれて遊んでいる途中、濡れた布で手を拭いて、袋から出した赤ちゃんせんべいをおもむろに渡すスタイルでした。もしかしたら普段は違ったのかもしれませんが、私が与えるように言われたときには、そのような形で、他の子は食べいていないタイミングに我が子だけにあげました。 そのせいでしょうか、赤ちゃんせんべいを袋から出して渡すと、必死になって食べます。しかし、お皿に乗せて出すと、床に捨てます。何度与えても同じ結果になります。普段は手作りのものを食べさせるようにしていましたが、外出用に購入したものが余ってきたので出したら、この結果でした。

悩む

いくら幼くても、食べ物を床に落とす姿は見たくないものです。通じているかは別にして、話しました。そして食べて見せました。理解してほしいです。食事の時間を決めて、正しく食べることを教えるべきだと思っていましたが、離乳食を食べているくらいの子供でも、様々なことが習慣になってしまうので、早いうちに教えるべきだと痛感しました。 他のことでもこのようなことがないか考えると、反省すべき点もあります。緩やかに修正しつつ、きちっと正して、我が子に苦労させないように気をつけます。

🔖151

2017-07-09 16:00

夫のおしりふき事件

おしりふきが散乱しています。我が子とおしりふきのツーショット。いや、出されてしまっているので、27ショットくらいです。

こっそり怒りを爆発させる

あり得ないです。おしりふきと我が子を一緒に置き去りにするなんて、絶対出されるとわかっていて、なぜその組み合わせで過ごさせるのでしょうか。夫の仕業です。せっかくおむつ替えをしてくれたのに、お礼も言わずに心の中で激怒しました。冷静に「やめてね。」それ以外言えませんでした。拭けそうなところ全て拭きます。ほとんど水でできている某有名ベビー用品店のあれですから、いろいろ拭きます。

それでも感謝

いつも自分がやっていることをかわってくれたり、何か取ってくれた時などは、「ありがとう。」と言う子供のころからの習慣も、こんな時にはなくなるものなのだと気付きました。やってくれたことには感謝しているのに、大人気ない態度を取りました。 しかも、おむつを散乱させてしまった過去を棚に上げて、苛立っています。自分も気をつけようと思います。

🔖153

2017-07-10 16:54

抱っこ紐カバー

抱っこ紐はおんぶ用にまだまだ使えそうです。知人からも譲ってもらいますが、使い分け用に便利ということで、両方使うことにしました。まだまだ小さいので、使う機会が多いと、知人からもアドバイスをもらったので、そのようにしたいです。

おんぶ

抱っこ紐というか、おんぶ紐というか、某有名人気商品ですが、持ち歩きたくても億劫になるのは、かさばるからです。きれいにたためばいいと思っていましたが、我が子の世話をしながらそれがなかなかできない私は手際が悪いだけでしょうか。カバーあるのですね、くるっと巻くだけの簡単なものが、オークションなどでも出ているので、とても気になります。そうしているうちに、抱っこ紐自体を使わなくなるかもしれませんが、探そうと思います。

使用期間

使用期間としては短そうですが、便利なら買いたいです。いろいろ楽になるといいと思います。これも夫に相談します。多分、不要と言われます。なくてもいい物ですし、使用は私のみです。 夫に物の購入を相談すると、かなりの高確率で不要との判断、もしくは話が終わる前に即購入の判断をされます。話すか否かを考えてから話します。

🔖155

2017-07-11 10:00

おしりふき事件に対する夫の言い訳

育児は言い訳をしていても進まず、子供は成長し、いたずらも増えてきます。そのような中で、大人がが言い訳をして進歩しない状態では、元も子もないです。

事件後のこと

夫が一言、「これくらいのことあるよ。」…。確かにあり得ることですが、言わなくてもいいと思います。 私たち夫婦がぎすぎすしてしまうのは、反省の言葉を出さずに、開き直りの失言のみである夫のせいです。そして、それをスルーできない私のせいです。スルーしたふりをして、心の中でずっと忘れないと強く思う黒い私のせいです。 このブログは、完全なリアルタイムではありません。それでも根に持っています。

改善案

改善案を夫に話すと、「最初からそうすればよかった。」…。夫にも当てはまることなのに、私がやらなかったということなのか、その言葉でした。 「たしかにそうだね。」と、私は言いました。 魔法の言葉です。 たしかにそうだね。 一理あるね。 いいと思うけど、こんな案はいかが? 面白いね、試してみて悪かったら改善しましょ。 根に持つけど、工夫はしています。夫の意見も尊重しつつ、自分の考えもさりげなく言える時を待っています。

成長

何よりもこの一件で、我が子の成長に気付けたので、それで満足です。夫とのことは、こっそり根に持ちます。

🔖157

2017-07-11 16:55

言葉

夫と私は出身地が離れすぎているせいか、言葉が違います。なまりの違いだけでなく、表現やイントネーションなど、大きく違います。

聞き取れない

お互いの言葉が聞き取れないことが多いです。さらに、相手のなまりが移ってきたので、お互いが色々ななまりで、聞き取れない度合いが上がっています。 申立てなど、重要なことを話していても、聞き違いで苛立ってしまうこともありました。 我が子の発語に遅れが出たままで、喋る気配がないことにも関係があるのかもしれません。

勘違い

聞き取れない上に、勘違いが生じます。どこのご夫婦も同じかもしれませんが、断定なのか疑問なのかを勘違いします。お互い苛立つことが多いです。 夫婦二人の生活の時はそれほど不便ではありませんでしたが、連係プレーでの子育ては、足の引っ張り合いになることがあります。 我が子に話しかけても反応が薄いのは、そのせいかもしれません。

🔖158

2017-07-17 06:00

インターネット通販

インターネット通販に頼るようになって、ショッピングが楽々です。

おすすめ

アナログ世代なのか、私ができないだけなのか、今まで専ら店頭購入派でした。 インターネット通販はとても便利です。ショッピングの帰りに荷物に紛れてものを紛失することもありません。想像以上に大きくて、詰めずに返品することもありません。 Amazonのセールで、いろいろ買えます。 注文方法を覚えるだけなので、とても簡単です。

ばれずに購入

今でも対面で購入したくないものもあるので、とても重宝していますが、委託直前は今以上に敏感で、車からベビー用品をおろす姿をご近所の方に見られたくなくて、そわそわしました。 購入する店舗で、知人に会わないかも心配でした。 破談になったらどうしよう…そんなことばかり考えていました。 アナログ人間の私でもインターネット通販ができるようになったので、いい機会でした。

🔖173

2017-07-20 06:00

学ぼうとする夫

夫は家事に関しては特に口出しをしませんが、最近、積極的に協力してくれます。

家事

我が子の登場前には、時々参加してくれていた洗濯物も、試行錯誤しながら干してくれます。 時間がある時限定ですが、頼まなくても自然に参加してくれるようになっています。

自分のこととして

振り返ってみると、家事に関して、他人事でした。 やってもらって当然、自分の役割ではない、そのように考えていたようにも見受けられます。 しかし、我が子が見ているところで、そのような態度は無理です。自分も家族の一員として協力し、一人前にできる姿を見せてくれます。もはや、協力ではなく、参加です。自然な流れで参加しています。

学び

不思議なことに、今まで頼んでもかわされていたことが、自然にできるようになっています。細かく聞かれると面倒ですが、聞き方も高圧的ではありません。 子供の成長の前に、自分が成長した方がいいと学んだのでしょう。よかったです。一番言いたくないことを言わずして学び始めました。

🔖180

2017-07-20 11:58

お中元

お中元の季節になると、何を贈るか迷ってしまいます。

変化

我が子の存在によって、お中元を手配するのが遅れがちです。今までは几帳面に決まった日に届くように、必ず届くように、絶対届くようにしていました。 そこまでやっていたのに、もう違います。皆がそれを求めておらず、可愛い我が子の成長を見たくて、都合がいい日に遊びながら届けることを求めてもらえていることがわかりました。きちんとすることも大切ですが、近親者であれば、その間でのルールを作ることも大切だと気付きました。

感謝の気持ち

今までは、夏の暑さで疲れる体を労うつもりで贈っていましたが、今は、心の底から湧き出てくる感謝の気持ちを言葉にしています。 我が子の存在によって、ありがとうという言葉が深く感じられます。

🔖181

2017-07-22 06:00

お昼寝

自宅で過ごすときには必ずお昼寝します。 寝る前には覚えてほしいことを話します。寝ている間に記憶できると耳にしたので、即実践です。

お昼寝スタイル

0歳の我が子の入眠儀式は、ぐずぐずしたら抱っこで背中トントン、そしておりたがったらベビーベッドでトントンでした。だいたい午前と午後に一回ずつくるので、ほぼ自力で寝ていました。 しかし、少し経つとそうもいかず、入眠儀式をして、2回のお昼寝にしていました。午前と午後です。

入眠儀式

まずは、おもちゃなどのお片付けです。全部ものがなくなったら、「お昼寝の前に、外にでましょ。」と。 外で空を眺めて、木々を眺めて、すぐにおむつ替えです。 そして、哺乳瓶を渡して飲み終わって手放したら、トントンです。 哺乳瓶で遊ぶので、夜だけにしました。それからは、コップで湯冷ましを飲むようにしました。

成長

お昼寝は短くなりつつあります。1歳が近づくにつれて、午前午後ともに、少しずつ短縮されて、マイナス30分となっていました。

🔖186

2017-07-24 13:00

我が家の経済面

子供のいる家庭の出費のすごさを実感するのは、クレジットカードの明細を見るときです。そして、他の家庭の経済状況を知る機会がある交流の場です。

クレジットカード

今まで使い分けしていたクレジットカードも枚数を減らして、家計と自分専用としました。 インターネットで注文することが多いため、支払った感覚がなく、必要最低限の購入にとどめているつもりでも、請求を見て驚くことがあります。 我が子のためなら何でも買ってしまいそうになりますが、ぐっとこらえて選びます。絞って絞って、必要かどうかをしっかり考えます。それでも、サイズアウトぎりぎりの衣類を購入してしまうこともありますし、少し高価なものを選択してしまいます。

里親サロン

特別養子縁組は非公開の一定の条件を満たしていないと、研修を受けることすらできないそうです。そのため、経済的にもゆとりがある人が多いようで、里親サロンやイベントに参加するとカルチャーショックを感じます。 すなわち、我が家はぎりぎりのラインの家庭だったのかもしれません。明らかに年下と思しき皆さんも、クレジットカードの明細で右往左往している様子はありません。ランチに誘われると、一食当たりの金額に驚くこともあります。多分は節制していて、ここぞという時にいいものを食べるのでしょうが、メニューを見て困ることもしばしば。

このままでいいのか

我が子が委託されて数ヶ月、このままでいいのかを考えるとわかりません。しばらく仕事から離れることは絶対的な条件でしたので、私の収入がないのは当然です。 このままでも大学を卒業するまで何とかなりそうですが、旅行を楽しんだり、たまの贅沢をするためには窮屈です。 三年保育を目指して行動しようと考えます。 お金のこととなるとなかなか人に話す機会もなく、よそがどれくらいのゆとりを持っているかなどはよくわかりません。育ってきた家庭よりは状況がよくないですが、時代も変わっているので必要な金額も違うのだという認識でした。この先どうしたらいいのか、働いてもいい時が来たらどのようにするのかも、我が子0歳時点での大きな悩みとなりました。

🔖193

2017-07-27 06:00

里親支援専門相談員に食事の相談

里親支援専門相談員の方を数名知っています。我が子が所属していた乳児院にもいらっしゃいました。

相談相手

基本的に、乳児院に通っていた時には、そこの方に相談していました。その後は、時々里親サロンにいらっしゃる方に相談しています。電話でも相談にのってくださいますし、メールでも対応してくださいます。 数名の中のお一人にいつも相談させていただいていますが、私の場合、信頼できる方に話しています。もちろん、守秘義務なども鑑みて行動できる方に相談しています。

離乳食

詰め込むこと、詰まらせること、手づかみが苦手なことを相談しました。 「無理に触らせなくても、いつかベタベタ触る時が来ます。スプーンを渡して食べさせてください。汚れた手や口の周りを拭かなくてもよくてラッキーだと思ってみませんか?」そして、「つかませることだけ考えて、お互い楽しくない食事で残念な状況ですね。」と。 そうです。教科書通りにやらない我が子に不安を感じていました。そして、教科書通りにやらせることができない自分には、苛立ちました。 人間は十人十色、育児も十人十色、落ち着いて落ち着いて。 食には興味があります。そして、触ってはいけないものでも果敢に触ろうと試みることもあります。今は、食べてくれることに感謝して、無理に触らせず、様子を見ます。そもそも、いつかは手づかみで食べることはなくなるので、その時期が早まったと仮定して様子を見るのもいいと感じました。

里親支援専門相談員

もし特別養子縁組が成立しても、里親登録をしたままにすれば相談することができるので、困ったときにはまた頼りたいと思います。

🔖201

2017-07-31 06:00

子供用食器

購入してよかったものの一つとして、子供用食器があります。

リッチェル

リッチェルのセットが格安で出ているときに購入しました。 ケース付きのスプーンとフォーク、ワンプレート食のための器、両手で握れるコップ、お菓子ケース、です。その中で頻繁に使用するのは、スプーンとコップです。 フォークは太いので、うまくさせず崩れるのでやめました。ワンプレートは、すくったものを器の外にこぼすのでやめました。手づかみはしません。お菓子ケースは、もともと使う予定がなく未開封です。 同じような雰囲気のものを揃えると、こちらのテンションもあがります。そして、市川海老蔵さんのブログに同じものが映り込んでいたので、小林麻央さんと同じ趣味だと気付き、ちょっと気分がセレブリティな感じになりました。

100円ショップ 子供用お椀

電子レンジに入れられるお椀を選びました。 とろみをつけるときに、電子レンジが便利なのでそうしました。みきママのブログを参照してるので、我が家は電子レンジフル稼働です。もちろん、コンロも全部使って、一気に調理です。

手づかみ

手づかみをしない0歳児、面倒です。自分で食べると途中でやめます。 まずは口に運んで、後半の少しを自分で食べるように促してみました。これが大当たりで、めきめき上達します。こぼすのは机の上とエプロンの中のみです。特大レジャーシートを敷いて食事にしていますが、そろそろ撤去の日も近いかもしれません。

🔖211

2017-08-02 11:00

立派なお母さん

私は、立派なお母さんだそうです。自分ではそう思いませんし、もっといろいろできる人が多く、至らない点が多いのですが、ある日、ある人に立派だと褒められました。

褒められる

大人になると、感謝されることがあっても、褒められることはあまりなく、年を重ねるごとにさらに機会が減る場合が多いです。 そのはずが、褒められました。いろいろ努力はしていても、意外と褒められることはなく、ましてや初対面の人に褒められたら驚きです。

立派です

あるお店で、やっと歩くようになった我が子と過ごしていました。 割れ物を触らないことや、興味がないものを何でも触るのは悪いこと、いろいろと説明しながら、一緒に見ていました。 抱っこもおんぶもベビーカーも嫌がる我が子と過ごすのは至難の業です。それでもどうにか買い物をするためには、話しかけることが重要でした。我が子を理解しつつ、いけないことを説明していると、自然と目が合います。そして、理解しようとしているのが伝わってきました。 それを見ていた60代くらいの女性店員が、「立派です。手に取ってご覧くださいね。お子さんも説明を聞いていますね。偉いね。」と。 さすがにスーパーマーケットではカートに乗る決まりにして、無理やり乗せていますが、全てを押し付けると逆に大変なことになりそうなので、少し無理をしてでも寄り添う方向にしていました。 夫は無理にでも抱っこしてしまいますが、私の力では落としそうなので、それしか方法がいないから、そうしているだけでした。 しかし、その工夫を評価してもらえました。照れました。嬉しいです。励みになりました。

🔖216

2017-08-03 06:00

学資保険

学資保険、知っているけど、理解できていないです。 幼い我が子を見ても、まだ将来のことを明確に考えることはできず、なかなかまとまりません。

必要かどうか

我が家の場合は、必要と思われます。 不要な人もいるそうです。 例えば、将来の学費が準備できている場合には不要とのことです。他にも、運用が得意で、準備ができることがほぼ決定してる場合には不要だそうです。いずれも該当せず、特別養子縁組が成立したら、すぐにでも加入したいです。

商品

調べれば調べるほどわからなくなります。いろいろな商品があります。 万が一があった場合の死亡保障や、入院したときに給付金が受け取れる医療保険があるものもありました。入院に関しては、持病の兼ね合いもあるので、少しでも給付金が出るのはありがたいと思いますが、支払い額が増えるので、セットになっているものがいいのか否かを考えることとなります。

学費について

子育てには学費以外にもいろいろなものへの出費がありますが、学費はまとまった金額が必要となるので、ためておいてすぐに出せるようにする必要があるようです。 公立と私立でも異なりますし、理系と文系でも異なります。 できるだけ様々な可能性を想定して、大学のみ私立の理系を考えて算定したいです。

損 得

損か得か、ものによって異なるようで、支払い額よりもたくさんもらえるものもあるようです。 JAのこども共催を見ると、何だか得なように見えます。一括で支払えばさらにお得というものもたくさんあるようです。 貯蓄商品と想定しつつ、戻り率の高いものを選択したいです。

保険料免除

生命保険をセットにして、保険料免除というものもあるようです。契約者に万が一のことがあったときにそのようになるようです。そのようなものが多いようなので、そのメリットも鑑みて、加入自体には積極的になりたいものです。

保険料控除対象

これはありがたいです。少しでもお得な情報は逃したくありません。

いつ加入するか

年齢によっても支払い額が変わるようなので、できる限り急ぎたいです。 早い人は生まれる前に加入するそうです。 と、色々調べましたが、まだまだ先の話と考え、しばらく封印です。

🔖218

2017-08-03 15:03

学資保険 に対する夫の意見

学資保険を自分なりに考えていて、いろいろ調べていますが、何気なく夫に話してしまいました。

損得

損はしないけど貯金でいいのではないかと言われました。 確かにそうかもしれません。それでも、我が子のために何か始めたいのです。ということは、私もそこまで加入を急いでいるわけではなく、何かしたいという思いと焦りかもしれません。

商品

簡保かJAをねらいたいのですが、加入しない派の夫は、あまり話を聞いていないようです。

金額

月々の支払いを考えると、一括で支払った方が安心だと感じます。 定期預金であっても金利が低く、普通預金は口座管理料のようなものがかかる場合も想定でき、国債などに関してはマイナス金利の懸念も念頭に置かなければなりません。 それなら、プラスになる学資保険にして、控除をねらうというのはどうなのでしょうか。 特別養子縁組が成立する頃にまとまった金額を動かせるように調整して、それを一括入金するという方法もあります。 じー子の過去の児童手当も入れればいいので、今後の安心のためにも良さそうな気がします。 ちなみに、夫は家計のことなど気にならないようです。 そしてもちろん、仕事の後だったので、疲れた顔で浴室に向かいました。

結論

賛成派と反対派に分かれ、賛成派は上手に喋れず撃沈しました。反対派は、帰宅後疲れて入浴して、うやむやにしました。 仲が悪いわけではないのですが、何だか面倒なことを避けられている気がします。 休日にはそのような話をしたくないようで、話をかえられてしまうので、仕事から帰宅した時をねらうのですが、そろそろ作戦をかえなくてはならないようです。 子供が寝たときがチャンスだと思うので、どうにか…。

🔖219

2017-08-04 06:00

一歳前に習得できたこと

じー子との生活が始まり、誕生日も近づきました。

走る

歩き始めが早かったので、0歳ですでに走ります。 大人のような走りではなく、子供ならではのバタバタした走り方です。

声を出すことが増えました。無意味に喃語を発することはほぼないのですが、物を見付けたときなどに「あっ!」と、発したりします。 相変わらず泣くことは少なく、よほど事情がない限りは無言です。

表情

笑顔がよく出るようになってきました。 気に入らないことも表情に出します。

委託後の変化

成長を感じますが、月齢相応ではなく、若干の遅れがあります。 よく目が合うようになった気がします。これも久保田カヨ子さんの方法ですが、いないいないばあをするようにしました。喜ぶということは知っていて、乳児院にいる時からやっていましたが、委託後は、頻繁にやるようにしました。自然と目を合わせることを習得したようですし、期待することも脳にいいようです。 委託後というか、集団生活から一般家庭に来たことによる変化と言った方がふさわしい感じです。

気になること

言葉が出ません。喃語も少ないです。声が小さいです。泣くことが少ないです。 他の子と比較すると、笑顔が少ないです。二人でいると爆笑しますが、他の人がいるとしません。

体の成長

身長が伸びた気がします。潜り抜けていたところに頭をこすりつけて遊んでいます。

🔖221

2017-08-05 05:55

祝 一歳

我が子よ、お誕生日おめでとう。

おめでとう

客観的に一人の人間のお誕生日をお祝いするだけでなく、家族でお祝いできる喜びに対しても、おめでとうという気持ちになりました。 我が子の誕生日というのは感慨深いものです。自分の親もこのような気持になっていたのですね。たくさんの子育てブログを拝見していたので、この特別な気持ちは知っていましたが、特別養子縁組であってもこのような気持ちになるということを確認できました。

ありがとう

この世に誕生してくれたことに、心から感謝します。 思い出しました。研修よりも前だったか後だったか、子供を手放す親の気持ちがわからず、どんなことがあっても手放してはいけないと思うと考えていました。でも、それだけを考えていてはいけません。事情があって、悩んで手放した人がいて、その人の人生がいい方向に進んだと仮定します。そして、特別養子縁組に出された子供も、新たな楽しい人生を歩みます。養親も同様です。手放すこと自体は肯定できませんが、皆がいい方向に進み、さらに、この一期一会は、手放すという決断がすべての礎だったと考えます。 ありがとうという気持ちは、我が子だけでなく、様々な決断をした実親へも向けて心の中で言いたいです。 そして、この日を迎えられたことは、全ての人に感謝です。 リアルタイムではありませんが、一歳の誕生日を迎えられたこと、本当に嬉しい気持ちになりました。おめでとう。ありがとう。

特別養子縁組

特別養子縁組は、子供の命を守るための制度ですが、手放したいと考える人がいるからこそ成り立つ制度でもあります。また、育てたいと考える人がいるからこそ成り立つ制度でもあります。やむを得ないケースももちろんありますが、身勝手な行動から手放される子供も大勢います。 我が子も後者に分類されると思いますが、このようなケースは減ってほしいものです。 誕生日が単なる誕生日としてやって来るのではなく、少し複雑な気持ちになる日でもあるようで、来年はもう少し心づもりを。 今後、我が子に悲しい思いをさせないように、自分自身の心身を丈夫に保っていこうと再確認できた日になりました。

🔖225