「赤ちゃんポスト」養子縁組あっせん許可取得へ 産経WEST

以前から気になっていたのですが、赤ちゃんポストに託された子供さんは、生まれてからの特別養子縁組となりますが、様々な手続きなどを経て、一番重要な時期に養親のもとへ行けないという点が良くないと感じていました。

この件が順調に進むと、何かが大きく変わるかもしれません。

良い方向に進みますように。

さまざまな理由で親が育てられない乳幼児を受け入れる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営する熊本市の慈恵病院が、養子縁組をあっせんする民間事業者としての許可を得るための手続きに着手したことが19日、病院などへの取材で分かった。

 病院は、養子縁組のあっせんを事業として展開してはいない。だが、望まない妊娠をした女性らの相談を受ける中で、原則6歳未満の子を養父母の「実子」とほぼ同じ扱いとする「特別養子縁組」の仲介業者を紹介することが、しばしばあるという。


TOP