朝日新聞 保険証に「養女」の文字 幼心に察した、その意味

朝日新聞DIGITALの記事です。

特別養子縁組の場合は、実子として戸籍謄本に載ります。

よく見ると違うのですが、ぱっと見は実子です。

しかしながら、普通養子縁組の場合には、様々な書類に養子であることを書くことになったり、記載されます。

真実告知に関しては、どのような状況においても起こりうることです。

たくさんの事例があると参考になるので、里親サロンに行く時には、できるだけたくさんの先輩に聞くようにしています。

ただ、養子を迎えることを考え始めたときにその方法を知る術がたくさんあれば、もっと家庭で育つ子供が増えるのではないでしょうか。

課題がつきまとうという表現が出てきますが、実際にそんな気がします。

それでも前向きに考えたいので、私の中では、その課題と向き合うという表現をしたいと考えます。

養子は実親の手を離れるのでその時にはマイナスからのスタートではありますが、その先には人を幸せにすることからの新たなスタートが待っています。

そして、家庭で過ごせることに喜びを感じることができれば、自身の幸せにもつながります。

どうか肯定的な考えの人が増えることを願っています。

生みの親が育てられないなどの事情で養子縁組を結んだ家庭では、親がどう告知するか、子がどのように出自を知るかという課題がつきまとう。


TOP