朝日新聞DIGITAL 発達障害の少年、育てる熟年夫婦 養子の経緯、隠さず

海外です。

対応の早さ

日本との違いは、対応の早さです。赤ちゃんが健康に過ごしていけるように配慮されています。

もちろん早ければいいというものではないのですが、早い方がいいというケースも中にはあるため、実親の移行だけでなく、養親の権限などがもっと認められるようになるといいと感じることもあります。

真実告知

真実を知るのが遅くなると、少なからずたくさんの嘘を重ねることになります。早めに告知する方がいいと言われています。

我が家もできる限り早めに説明します。

小さないのち みんなで守る

トイレで生まれ、米カリフォルニア州の赤ちゃん安全保護法のもとで保護された赤ちゃんは11歳の少年に成長した。新しい親になった熟年夫妻は、少年の発達障害もすべて受け入れ、育てる喜びをかみしめている。

2006年4月3日夕、ロサンゼルス郡で働くケリーさんの職場の電話が鳴った。養子縁組を扱うワーカーからだ。「男の赤ちゃんがいます。20分で結論を出してください」


TOP