母子手帳

委託後、病院へ行くことが何度もありました。その中で、母子手帳を見ると、喫煙や飲酒などを含む様々な驚くべき点がありました。自分では想定外というか、一般的にはあまり考えられない状況でした。詳細は書けませんが、例えば煙草を一日数箱、飲酒毎日、など、そのような衝撃です。

意外な事実

検診というのは決められたときに行くものだと思っていましたが、じー子の実母は特に行かなかったようです。児童相談所経由なので、相談してすぐに行っているはずですが、ぎりぎりまで何もしていなかったような表記になっていました。

その母子手帳を封印し、新たなものを入手した私は、一つ一つの出来事を綴りました。委託までは乳児院で丁寧に書いてくださっていましたので、時々振り返っています。

名前

じー子の名前は実母の手で書かれていました。母子手帳をどの段階で児童相談所に渡したのかはわかりませんが、早い段階に名前が決まっていたようです。たった一冊の母子手帳を見るだけで、実母の色々な面を垣間見ることができました。複雑な気持ちでした。


TOP