ブログ

特別養子縁組という事情があると、なかなか人に子供のことを話す機会がありません。置かれている状況や地域によっても異なるかもしれませんが、私の置かれている状況は、そのような面では、決して恵まれているとは言えません。

里親サロン

もちろん、里親サロンも開催されるので、積極的に行けばいいのですが、行ったら行ったでもやもやします。誰かに聞いてほしいこと、たくさんあります。ただ聞いてほしいということがたくさんあります。意見を求めているわけでもなく、励ましを求めているわけでもなく、ただひたすら聞いてほしいこともあります。

ブログ

ブログを書くと、自分の気持ちを整理したり、苛立ちを抑えることができます。不特定多数の方々にご覧いただくに値する文章は書けませんが、ご興味があれば読んでいただければ幸いです。自分で見直すことはしていません。その時々の感情をそのまま書き綴っているので、ご覧になってもやもやする方もいらっしゃるかもしれません。

それでも、しばらく、自分のために書いていきます。

いつか我が子が、自分の生い立ちに疑問を持ったときには、全力で支えるつもりで、その時に、今の気持ちを思い出すためも、いつでも初心にかえれるようにするためにも、しばらくは書いていきます。

最近のこと

もやもやです。我が子の存在によって、何もかもが変わりました。いい方向に進むだけでなく、この自由の無さ、親になったからこそ生じる責任や辛さも痛感しています。まだまだ1歳という段階でここまで考えさせられているので、今後はもっと過酷になるのかもしれません。ただ、もっとしっかりしてくるのかもしれません。

子供のことばかり考えて過ごす毎日は、楽しいだけではありません。それでもこの経験が轍となって残っていくことを信じて、自己満足で書きます。

時々ですが、コメントをくださる方もいらっしゃって、それも励みとなっています。内容が内容なだけに公開させていただくことはまずなさそうですが、とても励みになっています。

夫の帰りが遅いので、孤独な育児になりがちですが、一歩一歩前へ。


TOP