唾液に苛立つ私

唾液を泡状にして出します。

こぼれない

ふざけているのですが、こぼさないように気を付けているようです。

他に何もせず、唾液を出しては引っ込める、信じられません。

「下品だからやめて。こぼれると服もマットも汚れるよ。」

何を言ってもやめられないのはまだ幼いからでしょうか。

叱る私が滑稽なのでしょうか。

叱る

既に、このブームが到来してから数日が経過しています。

ついに激しく叱りました。

「蟹みたい!やめて!」

センス

ユーモアが見え隠れするようになってきた我が子、図書館で借りた本を持ってきました。

表紙には蟹。

「蟹見たい!」と聞こえたようです。

大人のようなジェスチャーで、どうぞという感じの姿勢です。

「蟹のように見えますよ。やめてください。」

ここでやっとハッとした表情をし、それ以降、泡を吹かなくなりました。

一時的だとは思いますが、ここで終わることを願っています。

言葉

喋りませんし、声は小さいですが、よく聞いています。


TOP