脱抱っこ紐計画

脱出に励む姿が可愛いと思えたのは、ほんの数分です。何度も起こってからではなく、うんざりです。

抱っこ紐

なんとなく抱っこ紐からも脱出しようとしていることが増えてきました。おんぶもできるタイプであるため、そろそろおんぶにするか迷います。おんぶの方が子供に与える影響がいいと聞いたことがあるので、おんぶを頻繁にしたいとも考えています。

知人がおんぶ紐のおさがりを譲ってくれるという話もあるので、思い切っておんぶ専用にしようかとも考えてしまいます。

影響

たったこれだけのことでも、親というのは我が子への影響などを考えるのです。これだけのことを深く考えて、検索して、頭が疲れる感じがします。それでも悩んで考えることをやめないのが親なのでしょうか。考えても決まらないこともあるのに、たかが抱っこ紐、されど抱っこ紐です。

これも成長です。すぐに全力で拒む日が来ると思います。


TOP