鉛筆の持ち方

我が子、進化しました。

鉛筆の持ち方

鉛筆の持ち方が、ほぼ、正しくなりました。

小指が紙につくのが煩わしいようで、そこだけは抵抗しますが、形が普通になりました。

今までは、公文の太い三角鉛筆でも上手にもてなかったのですが、私の実家でお正月に指摘されて、直す気いなったのかもしれません。

「器用な持ち方だね。これで書けるの?」と、きょとんとされて、万人が不思議に思うような持ち方だということを認めたようです。

姿勢

鉛筆を美しく持てば、当然ですが、姿勢も整います。

この流れで、集中力が養えればもっとラッキーだと思います。

最近は簡単な平仮名と、絵を喜んで描いています。

もちろん、平仮名を書いてもそれを活用できるわけではないのですが、自分の名前に近い形を書いているので、そのうち、整えて書くようになりそうです。

絵はかなり形になってきました。

どの動物も特徴をとらえておらず、顔はニコニコで頬が黒丸です。

言葉が話せないのですが、私にはわかるように声を出して言ってくれるので、何を描いているかはわかるようになってきました。

座り続けることができればいいと思っていましたが、少しずつ進化する姿を見ると、欲が出てきます。

本人もやる気があるようなので、その間だけでも付き合いたいです。


TOP