外出準備で気付いた異常

我が子のミルクの飲み方がおかしいと思っていましたが、原因らしい原因がわからずに、ほしがらない時には諦めていました。食事もしっかりできるので、集中しない時はそのままにしていました。

よく見ると

最近よく飲むし速いと思っていたら、哺乳瓶の先を歯と爪で傷つけていたことに気付きました。そしてそうすることで速く飲めると気付いたのか、遺すこともなく、途中で遊ぶこともなく、眠らずに飲むことだけに集中していたようです。気づきましたが、試しにそのまま差し出して、様子を見ていたら、本気で飲む姿を見られました。

もう哺乳瓶が必要ないようです。哺乳瓶をやめて、栄養補給のためだけにコップで与えます。

飲み終わって

今までは眠ることが多かったのが、とにかく楽し気です。哺乳瓶の先を伸ばしたり、握って振り回したりします。この人はもう哺乳瓶を使う赤ちゃんではありません。外出も重なる予定なので、ほしがらなければ思い切ってやめます。

申立てのことなど、いろいろあり過ぎで、我が子の動きをしっかり見られていないのでしょうか。


TOP