10本目が出てきそうで、白く透けています。

母親というのは、たった1本の歯に一喜一憂するものなのだと、驚いています。

きっとこの歯もなかなか出てこないのかもしれませんが、毎日母子手帳とにらめっこです。そして検索です。あとどれくらいで出てくるのでしょう。

きっと自分の親もこのように、心待ちにしていたのでしょう。

聞いてみると「健診で何も言われなかったから、単純に信じていて、気にしていなかった。」と。

第一子ではないので、そこまで気にならなかったそうです。

歯磨き

歯が生えそうになったときには、どうしてもそのことが気になり、仕上げ磨きにも力が入ります。

我が子、仕上げ磨きの時に動くので、羽交い絞めです。

あまり泣かないうえ、声もほとんど出ないので、遠慮なく抑えさせていただきます。


TOP