返事

2019年7月23日

打診があったので、早速、特別養子縁組を前提とした交流をお願いするために、児童相談所に電話しました。普段から地域担当としてかかわっていた方ではなかったからか、淡々と話をするという結果になりました。

冷静に

イメージしていたのは、「○○さんおめでとうございます!いよいよですね!!」という具合でしたので、少し拍子抜けではありましたが、冷静になって考えると、一人の人間の人生が大きく変わる決断なので、そのようなテンションで話さない方が正解と感じます。

待ちに待った日であったため、一つ一つの行動が興奮状態になりつつあり、それを抑えて動いていたようにも思います。

感謝

折り返しの連絡があり、家庭訪問が決定しました。今思えば時間がかかり過ぎですが、その時は、とても楽しみで、一日一日が興奮状態でした。抑えることができない興奮状態の中、いろいろなことを検索し、準備し始めました。心の準備です。

私たちの地域の児童相談所の担当者に加え、子供の入所している乳児院(実母の居住地近く)を管轄する児童相談所の担当者が予定を調整する必要があるとのことでしたので、当時は納得していました。しかしながら、子供の人生のために急いでいるとのことが、ここまでのんびりでよかったのかと思うと疑問に思います。待ち時間の長さはもどかしいものでした。

ただ、弱い立場(里親)であったので、一先ず、もめごとは避けたいという気持ちはありました。その反面、自分たちのために動いてくださっていたすべての人に心から感謝していたのも、まぎれもない事実です。

今、冷静に考えれば、その待ち時間に、育児のことなども考えなくてはいけないと思えるようになり、特別養子縁組が成立することだけがゴールにならないようにできたのかもしれません。


TOP