家探しをする世代

子育てしている人の多くは、子育てに適した物件や、将来を見据えた物件を探しているようで、私の周りにも引っ越しを視野に入れている人が多いように思えます。

私の場合も同じですが、待つことがあり、ただひたすらいろいろ気になっている時期ですので、検索がとまりません。

驚きの分譲住宅

ある人の話を聞きつつ、購入希望の住宅を見せていただきました。

ルーフバルコニーに出る窓が、掃き出し窓ではありません。上げ下げ窓でもありません。くるくる回して横に開く窓で、正方形です。細身の女性が一人なら通れそうな窓です。

ルーフバルコニーと言えません。

夫の知人が気に入った物件なので、私がとやかく言う部分ではないのですが、数ヶ月前に建った新築で、入居希望者がないという謎の物件です。謎ではありません。バルコニーに出られないので、買えないのです。

今の主流なのか

さらに、とある物件の話ですが、二階のお化粧室の小さな窓が廊下に向いています。部屋と廊下に囲まれたお化粧室です。問題ないのでしょうか。

私が前回と前々回に住んでいた集合住宅には、お化粧室に窓がありませんでしたが、さすがに一戸建ての場合には窓が必須だと思っていました。これが今の主流なのでしょうか。

パントリー

今住んでいるところに引っ越す前に、注文住宅にあこがれていろいろ探していましたが、その頃も今もパントリーがあるところが多いようです。

これも謎の物件ですが、パントリーが南側にあり、そこに掃き出し窓があります。そして、そこ以外に掃き出し窓はなく、ソファーなどの大きなものはそこから通すと仮定できますが、キッチンに面したドアは一般的なサイズです。大型の物はどうやって入れるのでしょう。これも夫の知人であり、私の親しい人ではないので、どこまで首を突っ込めばいいのかわからないので、私は関わらないことにしてしまいました。

私の理想

理想はもちろん、広めの注文住宅です。ただ、資産価値などを求めるか否かも考えられない今では、賃貸でもいい物件があれば、子育てと将来のために引っ越したいものです。

住宅展示場

何度か行きました。夫婦だけの生活の時にも行っていたので、もう何度かわからないほどです。

旭化成ホームズでサランラップをいただいたこともあります。


TOP