委託後に感じた乳児院の子供との違い

委託後に感じた違和感は、乳児院に入る子供と、自宅で過ごす一般的な子供との違いでした。同じ子供でも、過ごすところが違うと育ち方が変わります。もちろん、姉妹がいるかどうかなどでも違いますが、施設では家庭と全く違う育ち方をすることとなるのです。

笑顔

乳児院に通っていたころには、あまり笑わない我が子に違和感を覚えましたが、実際には他の子供たちもあまり楽しそうに笑っていませんでした。二歳くらいの子供でもあまりはしゃぐ姿は見られませんでした。世話をする大人たちは、仕事として接していますので、そのせいかもしれません。我が家に住み始めたじー子は、口角をしっかりあげて笑うようになりました。近所の子供たちと同じように、目が合うと相手に向かって笑った顔を見せるようになりました。自分が笑うと相手も笑い、そのことでかわいがってもらえるという当たり前のことがなかったのかもしれません。

声が出る

転がるボールを見て、「あ。」と。それすらなかったあの頃は何だったのでしょうか。転がったということを伝えると、相手が反応するということすら気づかなかったのでしょうか。我が子は声が出ますし、人とのコミュニケーションを求めています。


TOP