住宅展示場で収獲あり

収穫ではなく、収獲なのだと思いますが、住宅展示場に行くと、いろいろなものをいただけます。

ヘーベルハウス

ここはラップをくださるのです。目的はそれではなく、住宅自体に興味があり、見学させていただいたり、情報収集ですが、ラップ、ありがたいです。個人的にはクレラップ派ですが、サランラップでもいいのです。丈夫で熱に強いのでありがたいです。

60年間メンテナンスフリーという外壁、憧れます。地震などにも強く、調質性に富んでいるということで、私の好みにぴったりです。価格は、手が届かないというほどではありませんが、間違いなくローンとなります。これから昇給があると見越して手を出すのには少し危険な道かもしれません。

そして、土地を購入することを考えると、ほぼ間違いなく生活面での経済的な問題勃発です。

遠出した甲斐があった

普段と違う住宅展示場に行くと、違ったモデルハウスを見られます。普段からよく行くわけではないのですが、違ったものを見ると、違う魅力に気付けます。

住宅展示場にはいろいろな催しが用意されているので、我が子も嬉しそうですが、子連れで行くとお菓子やジュースを渡されるため、顔を覚えられていそうで、なかなか行けません。ご厚意でくださるのはわかるのですが、頻繁に受け取りに行っているように思われるのは少し気が引けます。

ちなみに、まだ一戸建てにすると決めたわけでもなく、注文住宅限定で探しているわけでもないので、前のめりのセールスもお断りしたいくらいです。そんなこんなで、粗品はありがたいだけでなく、気恥ずかしいです。

前回、別のところで、キッチンペーパーや油をいただき舞い上がっていたのですが、住宅展示場のように何軒もあるところの場合は、たくさん渡され大荷物になるので、ささっと立ち去る作戦にしました。ラップはパンプレットと一緒に袋に入っていたので、さらっと受け取りました。

ジュース

見学をすると、モデルハウスの中でジュースをくださることがあります。

我が子、普段はジュースなど与えないので、大興奮です。必死で飲みます。

癖にならなければいいのですが、パックを見る度、執着されそうで…。


TOP