確定証明書

不服申立てもなく、確定証明書が無事手元に届きました。

あとは入籍です。

入籍日

入籍日の当日は、児童相談所の人が付き添ってくださるのですが、私の方の担当者なので、安心です。ストレスもありません。

日柄

連絡を入れるのは、我が子の担当者で、その後の打ち合わせは、私の担当者です。

とても丁寧で、人間味がある対応をしてくださるので、安心です。

意思疎通ができ、普通です。

そして、日柄の相談や、当日の我が子の午睡に関しても考えてくださいます。

日柄に関しては、全くこだわりがなかったのですが、できるだけ早くしていただこうとしたら、ちょうどいい日があったので、運よく日柄も良くなりました。

緊張

緊張です。

市役所に児童相談所の方と行くのは、正直なところ、とても嫌です。

ご近所の顔見知りの方々と出くわしたらどうしようと考えるからです。

市役所の住民課のようなところに、いかにも公務員という雰囲気の人と一緒に行ったら、怪しすぎます。

近くに古くからの顔見知りの方が住んでいるという噂も聞いたことがあるので、特に警戒しています。

相手から見れば全く分からないのかもしれないのですが、本人への真実告知の前に何かあると困るので、余計なクエストをつくらないように気を付けたいです。

入籍後は、その足で裁判所に行けたらいいなと…。

そのことは児童相談所の人には言わないつもりですが…。

全部そろえました。

準備万端です。

感謝

全ての人と全てのことに感謝です。

我が子を産んでくださった人には本当に感謝しています。

そして、この特別養子縁組の確定まで支えてくださった皆さんには、この先も助けていただくことになるかもしてませんが、一先ず、ここまでの感謝の気持ちを伝えたいものです。

あとは入籍です。

同居人という区分を卒業です。


TOP