近所の人

近所を散歩していると、大人も子供も声を掛けてきました。いつ、細かい突っ込みを受けるかとしばらくはドキドキしていましたが、その心配はありませんでした。そもそも、夫が出勤してしまえば、私は一人で家にこもるだけの生活をしていましたので、ほとんど近所の人の顔を知りません。引っ越してきたときに挨拶をさせていただいただけでは、顔も名前もほとんど知りませんでした。そればかりか、近所の子供たちは、私たち夫婦を警戒していたのか、挨拶をしても返すかを迷うような素振りでした。その状態で、子供の存在をとやかく言うような人など出てこない方が自然です。

大人

じー子を見ると、ほとんどの大人は、私たち夫婦がどこの住人かもはっきりとわからないようでした。どこに住んでいて、子供が何ヶ月なのかを聞かれることが多かったです。

子供

子供は乳児が好きなようです。どこの誰でもおかまいなしにベビーカーを覗きにきます。さらに、今まで私の顔を見て挨拶をためらっていた子供たちも、自ら声を掛けてくるようになりました。中途半端な年齢で子供のいない夫婦は、子供から見ると怪しげだったのでしょうか。近所には大勢の子供たちが住んでいることも初めて知りました。いつもあまりにぎやかな声は聞こえないので、もっと人が少ないところに住んでいたつもりでした。


TOP