小林麻耶さん

勝手ながら、近しい人を亡くしたひとりとして応援していました。

結婚

悲しい出来事から立ち直ることは難しく、その必要もないかもしれません。

その事実を悲しみ、それと向き合い、折り合いをつけつつ、故人を想って過ごす、それだけでしょう。

目の前から消えても、大切な人として思い出しつつ、その気持ちを周囲には押し付けず、向き合うのでしょう。

悲しい出来事から一年余り、ご結婚を、勝手ながらお祝い申し上げます。


TOP