コイン精米初体験の我が子のいたずらと夫の言い訳

2018年5月9日

「なんだか落ち着いていたから、いいと思った。」

根拠がない

我が子、初めてのコイン精米所へ。

夫が野放しにしたそうです。

もちろん、危ないことが起こらないように見ていたというのは当然ですが、レバーを…。

届いたのか抱っこで触らせたのかは不明ですが、途中で止めたそうです。

仕方なくお金を追加して、その旨を管理者に連絡したそうです。

そして、何と、管理者が自宅までたったの数百円を届けに来てくださいました。

たった数百円なのに申し訳なくて…。

呆れる

夫よ、なんとなくかわいいから大丈夫だと思っても、しっかり見ていてください。

そして、コイン精米に連れて行くのやめてください。

久しぶりに精米直後のご飯を食べられるのに…。

もう今後は精米といえばいたずらという発想になってしまうでしょう。

最初に思ったこと

我が子がけがをしなくてよかったと思いました。

これが親の発想だと思います。

自分のいないところで危険な目に合っていないかが心配でなりません。

夫を信用しているので、そこまで危険な目には合わないはずですが、心配です。

しかし、人様に面倒をかけてしまったと後で気付き、それもショックでした。

精米の管理の方には平謝りでした。

ただ、途中でお金が出て止まるというのは機械上のトラブルだったのか、その方も平謝りでした。


TOP