コンタクトレンズ と レーシック と 眼鏡について検索

夫が眼鏡をかけることがあります。

しかし、指紋や汚れが気になるようで、頻繁に洗います。コンタクトレンズではいけないのでしょうか。

コンタクトレンズ 使用者の声

周囲の人に聞いてみましたが、特に問題なく使用しているようです。

しかし、インターネットで検索すると、紛失する人や、外泊の時にトラブルがあることも多いようです。

夫はたまのことなので、すぐにかけられる眼鏡の方が楽だといいます。

レーシック 経験者の声

レーシック、夫の周囲の人で手術した人がいるそうです。

前例が少ないので危険を感じる人もいるようですが、その人曰く、とても快適で世界が変わったそうです。

レーシックの手術の後には、お友達紹介キャンペーンでキャッシュバックを受けられるという理由で、その人が周囲の人を勧誘していたそうです。

一度行えば一生ものですし、異常さえ出なければ、レーシックは手入れなどもなくとても楽だそうですが、一発勝負らしいです。

角膜の状態や視力によっては手術ができないこともあり、行っても回復の度合いが低いこともあるようですが、うまくいけば最高らしいです。

前例が少ないので、数十年後にどんな影響が出てくるのがわからないという未知のものですが、いい方に転べば最高みたいです。

これでは、夫は挑戦しません。

眼鏡

いくつも所有しないでください。予備の予備まで不要だと思います。視力が下がったら買い直しです。どうか、目を酷使しないでください。

Googleトレンド

立秋が急上昇のランキングの中にありました。

残暑厳しいという言葉は今日から使えるようです。

行事ではないのでスルーしてしまいそうですが、暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになるので、時々カレンダーを見ながら過ごしています。


TOP