まずは1冊のドリルを購入してください

ドリルを使いうか否かではなく、学ぶためです。

学習に必要なこと

私の場合は、勉強させることが目的ではありませんでしたが、それでも役立っています。

ドリルを1冊購入すると、どのような手順で学ぶべきかがわかります。

個人差はもちろんあると思いますが、基本的な考え方がわかります。

それは子供のためでもありますが、一緒に学ぶ親にとって必要なことと思います。

数字を書く前に、線や丸などを書いて、お絵描きのような要領で柔軟な手首を作っていくことも大切です。

使わなくてもドリルを購入してもいいと思います。

今後

今後はドリルを購入しません。

多分。

きっと。

絶対ではないのですが。

「やっと終わった。次のドリルをかうぞ。」

あ。

この人の説得から始めよう。

ドリル


TOP