目覚まし時計作戦

我が子、幼稚園を満喫していますが、支度が遅いです。

機嫌

無表情で、そして無言で抵抗します。

遅いです。

制服を着用する瞬間から、楽しそうに話し始めます。

きっと、楽しいけど行きたくないという気持ちもあるのですが、それを認めたくない上、生活に関するすべてのことが面倒なのだと思います。

ボタンをかけるのには時間がかかることもありますが、根気よく取り組みます。

そこが我が子なりのスイッチなのかもしれません。

目覚まし時計

こんなことになるということは想定の範囲内だったので、入園のお祝いに目覚まし時計を準備しました。

喜んで止めて、勢いで支度をして、幼稚園に出発する姿を想像していました。

そんなではありませんでした。

まさかこんなに頑固とは。

できる日もあるのです。

そこそこのスピードで頑張れることもあるのですが、まだまだ続くのかもしれません。

周囲の経験談を聞く限り、我が家は、かなり楽ですが、楽なりにつらいです。


TOP