名前

長期外泊が始まると、近所の方々とも関わるようになりました。養子なので珍しいのか、皆さん、頻繁に声を掛けてくださいます。そして、月齢と名前を聞かれます。中には実家がどこかを聞いてくる人もいらっしゃいました。

名前を聞かれたときの対応

名前を聞かれれば、〇川じー子です、とこたえることにしました。新しい名前です。改名の予定などは話す必要がないと判断しました。なかなか、〇川じー子とこたえる機会はなかったので、この時になって、家族となることを実感していました。

ちなみに、〇川と書きましたが、私の苗字は丸川でも円川でもありません。そして、この頃は、じー子の以前の名前について深く考えることはありませんでした。お姫様のようなイメージのみで、苦しみはない期間でした。

名前はいろいろあります。私の本名の漢字はいたって普通で、読み間違いもなくシンプルです。子供のころはそれがコンプレックスでしたが、今は気に入っています。夫も、昭和ではよくある名前の代表格です。いろいろあります。そうです、いろいろあると思うことが一番楽でした。


TOP