大きな病院での検査

今までいろいろな病院にかかっていましたが、いろいろな科のいろいろな考えなどがあり、なかなかいい方向に進んでいないのが現実でした。

青天の霹靂

ある人からの紹介で、いい先生がいるという噂の病院へ。

その先生が、別の病院を紹介してくださいました。

そして、その別の病院から、紹介状を出していただき、我が家からはかなり遠い大きな病院に行くことになりました。

紹介状をいただいてから、予約をとれたのは2ヶ月も先でした。

3ヶ月くらいが目安と言われていたのですが、思ったよりも早かったです。

ちょっとした噂からこのような機会に恵まれ、とても有難い気持ちでいっぱいでした。

遠い

実に遠かったです。

就寝時刻はいつもとあまり変わりませんでしたが、早回しで行動していました。

自宅で自由に遊べる時間が少ないと、不満気に見える我が子ですが、外出が好きなので、全体的に満足と言ったところでしょうか。

検査

今までの検査結果などを持参して行ったのですが、さらに検査を受けました。

来月にはその結果を聞きに行き、その際に必要があれば精密検査を予約することとなるそうです。

我が子

極めていい状態で過ごせました。

ぐずることもなく、狭い遊びのスペースで本気で遊んでいました。

どうやら楽しめたようです。

検査も泣かずに受けていました。

よかった

行ってよかったです。

薬が大変というほどでもない生活ですが、何か起こったらどうしっようという気持ちもあります。

今回は、今までわからなかったことがわかるかもしれません。

そして、医師の見解が今までとは違うので、検査の方向性などにも期待できそうです。


TOP