日本の教育

9歳で大学卒業

日本ではそもそも飛び級などが一般的ではなく、また島国であることも相まって外国で学ぶという選択肢すらないに等しいと考えられます。

そんな中で、教育に力を入れたり、周囲とは異なる能力や意欲を持っている子供を積極的に支援する国も少なくはありません。

9歳で大学卒業というのは、極めて異例であっても、18歳で大学卒業というのが驚くべきことではないという国もあるのです。

我が子の今後

日本国内に居住し、日本に戸籍がある我が子、もちろん、流されるように近隣の幼稚園に入園し、学区内の小学校もしくは、通学可能な私立小学校、中学校、高校、そして希望があるのなら大学に進むでしょう。

特に英才教育を施すのではなく、一般的に、ごく当たり前の教育です。

しかしながら、様々な可能性を鑑みてシフトチェンジも可能です。

9歳で大学卒業というほどでなくとも、やりたいことがあれば、どんな突拍子もないことにもチャレンジさせてもいいのかもしれません。

面白いニュースがあれば、それをヒントに私たち大人も変化していきたいものです。


TOP