特別養子縁組 実子との違い

特別養子縁組という事実

忘れます。

先日は病院で思い出しました。

思い出すと数日間、何となくそのことを考えながら生活してしまいます。

いいのか悪いのか、そんな感じなのです。

養子と実子

養子と実子を両方育てている場合には、その違いや差を感じつつ、相応の対応をするでしょう。

我が家は養子のみなので、実子との違いに気付くことなく生活しています。

病院で遺伝のことを聞かれたり、歯並びや体型などで答えづらいことなどはありますが、それが当たり前なので、その都度、解決するのみとなっています。

その時は辛かったり困るのですが、乗り越えるのみです。

養子のみなら、単純明快です。

差を知らずにのほほんと暮らせると、悩みが少なくなります。

戸籍

誰かに見られるものではないので、気にせず暮らせます。

結婚や海外旅行などの時に、自分で謄本をとる場合に、先に真実告知ができていれば、問題ないようです。

結婚の場合には、相手にも話すこととなるはずですが、その時になって、その相手やその周囲を取り巻く環境によって話は異なるでしょう。

注釈のようなものはあるものの、実子としてカウントされている特別養子縁組は、気になることもありません。

血縁

血液型などを公にして皆で楽しむ何かでつまづくかもしれません。

それ以外は特にないです。

輸血の時などに困るかもしれませんが、それは、特別養子縁組の場合だけではないので、どうにかなると信じています。

血縁がなくても、同じ食事をとり、同じことで喜怒哀楽し、自然に相手の表情に寄っていき、骨格や筋肉の付き方も表情も似ていくと信じています。

極端なことを言えば、産んだ人とその子供は血縁があっても、同居している男性と子供が血縁がないことに気付かないパターンもあるはずなので、一緒に楽しく生活すれば問題ないのかもしれません。

結局、特別養子縁組の親子関係はシンプル

たぶん、実子とかわりなく、毎日小さな悩みやトラブルを抱えつつも、子供の成長に一喜一憂しています。

特別養子縁組は子供の幸せのための制度です。

ただし、その子供は、どこかの家庭に行くという方向性になっているので、子供だけのための制度ではないとも言える気がします。

子供を幸せにするだけでなく、自分たちも幸せになるということも条件にしてもよいと思います。

一緒に家族として生きていく、家族のための制度となっていってほしいです。

養子でも可愛がれるか、それは、わかりません。

実子でもうまくいかない場合もあるはずです。

養子でも、実子でも、相性が悪いということも十分に考えられます。

私は、面会してお互いに相性が悪すぎて憎くて無理であれば、委託を断るつもりでした。

産んでも可愛がれずに残念なことになる場合もあるので、それは、特別養子縁組でも、その恐れがあると、最初から思っていました。

お互いに無理してまで家族になってはいけないと思い、お互いの人生を破滅させないように、そう考えていました。

結果、今は毎日、おままごとやスタンプ遊びをしています。

この生活に結びついたすべての過去に感謝です。


TOP