豪雨の被害

豪雨の被害にあわれた方のご冥福、その周囲の方々の平安をお祈り申し上げます。

九州などの川の氾濫を見ると、ほとんどの地域が、もともとは誰も住んでいないところであったり、地名に水に関する名前がついていたりと、先人が危険を知らせているような気がします。

介護施設の立地も、川の近くで自然が多く、環境が良いところである反面、何か起きたら取り返しのつかない土地でもあると認識している人が多いのではないでしょうか。

もし自分がこれから家を建てるのなら、その土地の歴史などにも目を向けようと思います。

建築の基準は、耐震などを中心に設けられていると思いますが、未曾有の大雨被害に関しても考えてほしいものです。

危険な地域は国に渡すことができるはずですが、何か起きてからでなくては手放さない人が多いはずです。

何か起きてからでは遅いのです。

命、戻ってきません。

誰が悪いかとかではなく、毎回、今までにないほどの被害となるので、先回りして、自分が住むところなどを考えたいものです。

東京だから大丈夫、そういう考えではなく、東京ならではの被害を想定して行動したいと考えます。

自然との付き合い方

集中豪雨の際には、用事がない限りは建物の中で過ごし、小雨のときには梅雨ならではの情緒を感じられるといいものです。

ともあれ、大きな被害を目の当たりにすると、外出は控えたいと思ってしまいます。

梅雨が明けたら自然を感じる散歩に。


TOP