言葉の理解度

我が子、声が少し出ますが、相変わらず、喋っているという感じになりません。

私の執着

とにかく焦っています。

焦っても仕方がないと思うのですが、焦ります。

子供を心配する気持ちが愛情とイコールではないとは思うのですが、無意識に心配するのも愛情の一つであるとも思います。

不安と初めての経験であることなど、様々な要因があるはずですが、気になります。

勿論、周囲にはあまり話せません。

喋れない事実は事実であるので、聞かれれば答えます。

しかし、その点を気にしていて、不安が募っていることは言わないようにこらえています。

児童相談所からも、個人差の範囲内だと思うという発言がありましたし、これだけずっと話しかけたり歌っているのに、その部分が不足しているということは考えづらいので、おとなしく様子見しているよりほかはないようです。

理解

我が子、言葉をしっかり理解できているのは間違いありません。

早口で何かをお願いしても、すぐにこなします。

最近では、「お母さんの名前をボードに書いて。」など、簡単な問題を出すと、自分でボードを持ってきて、平仮名で書いています。

単純な字はほぼ正しい形に、複雑な字は結びの部分をグルグルに。

喋ることにエネルギーを使わない我が子、書くことは好きなようです。


TOP