連休明けの憂鬱

子供の頃、連休明けは憂鬱でした。

連休

今は連休が終わることを密かに待ち望んでいます。

夫が我が子の世話をしてくれるので、いいといえばいいのですが、いつものペースを乱されるのも苦手です。

思い付きや気まぐれで甘やかさないでほしいのです。

連休明けにわがまま放題になるのは目に見えています。

今を楽しむ

連休明けの憂鬱を今から考えていても仕方ないので、今日も一日楽しみます。

あと何年したら、大型連休に優雅に旅行を楽しめる日が来るのでしょうか。


TOP