旅行で得たもの

旅行の目的は、リフレッシュなどのつもりでしたが、実際にはたくさんのことを得てきました。

欲求

我が子は、感情の表現をほとんどしない平坦な人間でした。よほどのことがあっても泣きませんでした。旅行すると不思議なことに欲求を伝えようとするようになりました。前のめりで、声を出して、行きたい方向などに体を向けられるようになりました。

他人の顔色を見る

今まで時々笑うだけだった我が子は、笑顔の人を見ると近づきたがるようになりました。それと同時に、初対面の印象で苦手な人を極端に怖がるようになりました。

人見知りというのとは少し違うので心配になり、発達に関する専門家に相談すると、身を守るために善悪を見抜く力を養っている段階ということを教えていただけ、安心したことを覚えています。

乳児に善悪を教える

ただただ姫として可愛がるだけではいけないということもはやい段階で気付けました。もちろん、善悪を教えたいとも思っていましたが、乳児でもわかるということに気付かされ、それからというもの、可愛くても、間違いは間違いと教え始めました。例えば、他の子のおもちゃを無理に奪おうとした時などにも、貸してほしいことを伝えるように言って聞かせました。言葉を理解していく段階で、知ってほしいことを、一先ず語るようにしました。

特別養子縁組を前提としていても、ゆくゆくは他の方々と同じように普通の親子になるのですから、ひどい溺愛をすることよりも、一人の人間を育てるということと、自分も学ばせていただくということを念頭に置いて子育てをしたいと感じていました。


TOP