裁判所で聞かれたこと 6

2017年8月29日

私の場合は、民間団体ではなく、児童相談所経由での特別養子縁組です。

なぜ

なぜと言われても、答えづらい部分はあり、もちろん回答は考えていきましたが、それを上手に表現できるか自信はありませんでした。

理由はたくさんあります。

民間からの斡旋

勿論、民間からの斡旋も視野に入れていました。しかし、調べている間に、児童相談所経由という手段を知りました。

色々調べて知るうちに、我が家は、児童相談所経由がいいと感じ、そうしました。

児童相談所

一番気になった部分は、児童相談所の怠慢で防げなかった事件などでした。いろいろある中でお任せしてもいいのか疑問が湧いてきたのです。それを言わないように気をつけました。

今考えると、そのような不祥事は公務員だからこそ注目されるのであり、他の企業や病院ではよくあることです。よくあるからと言って正当化してはいけないと思いますが、税金で働いている人だからこそ、叩かれます。叩かれて当然ですが、その一面だけで判断する偏った考えも、いいものではないと思います。

そもそも、虐待などの要因は児童相談所ではなく、家庭や親の問題であり、その根底にある闇よりも児童相談所が注目されてしまうというのは、絶対的に賛成できるわけではありません。もちろん気付くべきポジションでもあるのですが、それをひた隠しにできる家庭や社会の見直しの方が先だと今は感じます。

そもそも、関わるとわかるのですが、個人差です。感じ方も個人差ですが、児童相談所の方々も個人差があります。あるというか、あり過ぎます。真面目で前向きで、子供の幸せを願っている人が多いと感じましたが、一部の人は、全くその逆です。その一部の人が目立ちます。比較的、理解を示しているはずの私でも、全く無理だと思える方も数名見つけました。

ただ、聞かれていない心の内をあえて話して、心象を悪くしても意味がないので、その部分には気を付けていました。もちろん他の件でも、話さなくていいことと、正直に話した方がいいことを選定して話しました。

民間か児童相談所か

決め手に合ったことはいくつもありますが、民間の場合、独自に調べても、価格の表示がなく、その点に不安がありました。出産費用の負担だけでなく、その他の支払いがいかほどかが想像できませんでした。

児童相談所は無料でした。研修などの交通費など、細々としたものはあるものの、それ以外にかかりません。そして、自分で調べてもよくわからないので、電話で問い合わせました。

「詳細はこちらで話しますので、ご夫婦で調整して、ご連絡ください。子供さんの人生に関わることですから、お顔を拝見して…。」、と。

電話の対応がよかったです。最大の決め手はそこかもしれません。担当者が、人の命を大事にしていて、人の人生を尊んでいたのです。

家計

このことはまた今度書きます。結構、聞かれます。

関連記事


TOP