セールで購入した子供服

「へー、このイヴサンローランなんか着せるんだ。」

知人の発言

「イヴサンローラン似合うね。上品な雰囲気だし使い勝手がいいよね。」

同じ洋服に対する別の人の発言です。

前者は褒めているのかけなしているのかわからず、一先ずスルーしてみました。

後者には、「頻繁い使えそうで合わせやすそうだから気に入ったの。」と返答。

「普段着にも外出にも使えるとありがたいよね。」と。

否定的

少し高額と思われる品は、できるだけセールで購入しています。

生地が丈夫で、肌触りがいいものを選択するので、何でも格安なものを選択するわけにもいかず、余所行きの服などは、セールをねらいます。

頑張って買ったんです。

そう、我が家は頑張って買っているのに、やんわり否定されるのは辛いです。

自慢したわけでもないのですが、なぜか服の話題にしてまで、否定されると辛いです。

親密な中ではないし、時々しか会わないに、なぜ否定されなくてはいけないのでしょう。

いえ、違います。

親密ではないし、必要がなければ合わなくてもいい仲なので、私が気にせずに華麗にスルーすればよいのです。

決めました。

今年は、最強のスルースキル保持者になります。


TOP