早期教育をゆるく開始

早期教育というと、教材を購入して、すごいことをしそうですが、我が家では、そのようなことをせずに、ゆるく開始です。

厳密に言えば、そのような経済的ゆとりがないのです。一種類分くらいならゆとりがあるかもしれませんが、将来の生活が不安で、投じることができず。

フラッシュカード

身近な子供さんがやっていたので、良かれと思い夫に提案しました。しかしながら、却下されました。

デメリットもあるそうです。確かに自分が高速で何かを見たら疲れます。

そこで考えたのが、経済的にも安心な、特製のんびりフラッシュです。絵本の早読みです。もちろん、ゆっくり読むのが基本ですが、早読みもします。読めるくらいのスピードでめくるので、疲れるほどではありません。

そして、平仮名の表を指さして、次々に読みます。100円ショップで購入しました。文字や絵と、私の口元を交互に見ています。気に入ったようで、時々、自分で引っ張り出しています。指さすと私がそこに書いてある動物などの絵が何かを言います。この遊びが好きなようで、長々と続けます。

記憶力

0歳児、さらに全く喋らないので、記憶力は定かではありませんが、集中力が身に付きました。

フラッシュカードが面白そうだったので、なんとなくやりたいと思ったのが発端でしたが、思わぬ効果でした。

平仮名の表

平仮名の表は、乳児院の帰りに寄ったセリアという100円ショップで購入しました。可愛い絵と、平仮名とカタカナが書かれていて、お風呂の壁に貼るものです。

長く使いたいので、破れにくく汚れに強そうなものにしました。


TOP