ステロイドの状況

リンデロンのおかげで状況が良くなってきました。

医師の判断

医師の見解では、我が子の肌は慢性的に悪い状態が続くわけではなさそうで、ずっと強いステロイドに頼らずにいけそうです。

リンデロンを渡されたときには正直なところ焦りました。

ずっとステロイドをやめられなくなるのではないかと思いました。

しかし、今は、うっすら塗るようになり、少ししたら、考え直せそうです。

部分的に

今まで広範囲に塗布していたのを、部分的に塗布するようになりました。

悪い状態のところが狭くなり、、簡単に濡れます。

ヒルドイドとプロペトでの保湿や保護も頻繁に行うことで、常にかさついている状態から脱しました。

我が子の場合は、保湿を的確に行うとかなり効果的なようなので、ヒルドイドを勿体ないと思わずに使うように思い切ってたっぷり塗布し始めました。

医師曰く、私の塗布は少なすぎるのと、間隔があきすぎて、拭われているとのことでした。

すなわち、ケア不足です。

やっているつもりでしたが、保護しきれていなかったり、かさつきの原因を作っていたのです。

中途半端な塗布のせいで、それを拭うことになり、肌を傷めたのかもしれません。

次回の診察の時には、ステロイドを完全にやめるか、弱いものにできるか、動きがみられるかもしれないので、期待しています。

また、プロペトをいただかずに、薬局で大容量の白色ワセリンを購入してもいいかをうかがってみます。

惜しみなく使いたいです。

そして、自分も使いたいので、白色ワセリンを購入したいのです。


TOP