写真を撮って

私は写真に関する知識がなく、デジカメならどんどん撮ったもの勝ちだと思って、シャッターを押します。

褒められる

写真が褒められるのは夫です。

じっくりたった一枚を撮ります。そして、その一枚のために、我が子を笑わせたり、大きな口を開けさせたり、とにかくいろいろしています。

とてもいい写真ばかりです。私もそんな写真を撮りたいです。ただ、いい写真が撮れるまでに我が子は疲れてしまいます。それは避けたいです。

それでも写真を撮りたくて、毎日、カメラを構えます。

最近、「しん。」と言われます。特別なことをしたときに、写真を撮ることを知っているようです。意味のある言葉が増えているので、ビデオも撮りたいのですが…以下同文。

成長しない

私のテクニックは全く向上していないわけではありません。

一応、調べています。そして、いい瞬間をねらっています。

悔しい。でもセンスの有無ってあります。


TOP