小児科へ

2017年6月1日

市民病院が比較的近くにあるので、そこの小児科にかかろうと考えました。しかし、入籍後などもお世話になろうとすると、あまりにも近いところで通うのは辛い思いをするのではないかと考え、市内でも少し離れた個人の診療所へ向かいました。結果は、長期間、風邪などいろいろな菌にさらされて、体を守るために、鼻水を出しているだろうとのことでしたが、あまりにも長期にわたっていたので、親子共々の心身の負担を鑑みて、鼻水をとめる薬を処方してくださることになりました。

薬の効果

薬の効果はすぐに出ました。湯冷ましで溶いて、飲ませると、どうやらおいしかったようで、もっとほしがりました。簡単に飲めて、すぐに鼻水が止まり、以前より、表情が明るくなったような気がします。いつも仏頂面で愛想がないのは、鼻水の不快感も一因となっていたのかもしれません。

外出の効果

鼻水が止まらず、体調がすぐれないことも多かったので、最低限の外出以外は避けていましたが、病院だけでも気分転換になりました。お互い、疲れていました。帰宅すると、病院で習得したであろう動作を繰り返し披露してくれました。

ついでに

肌が荒れていたので、プロペトを出してくださいました。こすれて荒れるので、うっすら保護することを教えてくださいました。保湿用のボディーローションとの併用の仕方なども教えていただきました。よく見てくださっていました。本当に感謝しています。


TOP