待機中という事実を忘れる

特別養子縁組の申立てをして、裁判所での調査を受け、家庭訪問もあり、いつの間にか月日が経過しています。

待っています

最初は待ち時間が長く感じました。

でも、今は、何もない普通の日常を楽しんでいます。あの悩みというかもやもやは何だったのでしょう。

審判までは自分は何もできないので、ただひたすら待つだけです。

この生活が苦しくなくなってきたというのは、毎日充実しているということでしょう。

日記

毎日成長記録と日記をつけていますが、読み返すと悩みが多くて驚きます。それでも朝が来ると元気に暮らしています。

日記を読むと、多分、アポイントメントがあることが億劫なのでしょう。家庭訪問などの前にはそのことばかり考えて、それを一人で抱え込んでいるような文章です。

そして、気持ちがころころ変わり、不安定な様子です。子供のことを考えると、責任や不安がたくさんあり、何が正解なのか、はたまた、何でも正解なのか、考えることがその場その場で異なることもあります。臨機応変に対応できていればいいのですが、後から振り返ると、どうなのかはっきりわかりません。

ただ、その時々でどうにか対応しているとは思います。

あと少し

あと少しです。過ぎれば何でもなかったこととして考えられます。前向きに。


TOP