特別養子縁組は子供のための制度です

特別養子縁組は子供のための制度です。

子供のためを思う親のため

児童相談所からは、何度も、言われてきました。

登録前も、認定前研修の際も、その後もずっとです。

今よく考えると、単に子供のためだけではありません。少なくとも私はそう考えます。

何故なら、子供との生活を望む親となりたい人が主に登録するからです。

その親となりたい人のための制度でもあると感じます。

もちろん、子供のためではありますが、育てることができる親となるために活動知る人がいなくては成り立ちません。その親となりたい人の多くは、子供との生活にたどり着けない人です。

子供のための制度という表現は、それをありのまま受け取るだけでなく、その裏にある意味に気付くことが大切だったとも思います。

育てたい人のための制度でもありますが、それを声を大にしていってはいけないというのが現状です。

今になって思うこと

いいご縁があったことで気付けたことがたくさんありますが、この制度で救われるのは子供だけでなく、養親そして何よりも命を救った実親です。

いろいろな考えがあると思いますが、最近はこんなことを考えています。

我が子

我が子の出生にも驚くべき背景がありました。のほほんと生活してきて、苦労の少ない私にはまだ理解できない、壮絶な生き方をした実親の生きざまを聞くだけでも辛いものがありました。

まだ幼いですが、いつかその時が来たら真実告知をして、必要であればルーツ探しの手助けをすることとなります。

それまでに、このような複雑なことも理解していけるように精進したいものです。


TOP