特別養子縁組 成立した時の 我が家の年収

今更ながら、我が家は、裕福ではありません。

年収

裁判所の人も注目するほどの年収です。

多分、特別養子縁組を希望している人は、もっと年収が多いのだと思います。

児童相談所の担当者は、研修に進めた人は収入も足りているという判断をしていましたが、結構、根掘り葉掘り聞かれたので、少ないのでしょう。

すんなり進むためには、収入も多いに越したことはないのでしょう。

条件

明確にはないのかもしれません。

貯蓄や人柄なども加味してくださっているはずです。

収入は極めて少ないですし、私は、当時、既に離職していましたので、世帯収入の少なさは驚きの金額と言っても過言ではありません。

条件の詳細が分かっていれば、あんなにやきもきすることもなかったのだと思います。


TOP