養子だと言ってしまいたくなる衝動

時々あります。

親子に見える

もちろん、どこにも養子だと書いてぶら下げているわけでもなく、どう見ても親子です。

「ママそっくりですね。」

「あごの形は遺伝しますよ。」

「肌の具合はお母さんと似ていらっしゃいますから。」

支援センターでも、皮膚科でも、歯科健診でも、とにかく遺伝的な部分をつつかれます。

うれしいのですが、つい、「養子だから違うんですよ。」と言いたくなることもあります。

うちの子になるべくしてなったのでしょうか。

養子

このまま誰かに気軽に話すことはないでしょう。

聞いてしまったほうが気まずいかも。

そんな気もします。


TOP